資格試験・資格取得情報館 > 医療・福祉の資格試験 > 手話通訳士

手話通訳士

スポンサード リンク

手話通訳士とは、聴者と聴覚障害者の、コミュニケーションの媒介約をするスペシャリストです。


手話の読み取り通訳と、言葉の聞き取り通訳が手話通訳士の主な仕事となります。


手話は聴覚障害を持つ人にとって、大切なコミニュケーション手段の一つであり、手話通訳士自らが聴覚障害者と意思の疎通を図れるだけではなく、健聴者とのコミニュケーションの橋渡し役を果たす、重要な仕事なのです。


ただ、手話通訳士は国家試験ではなく公的資格のため、現在活動している手話通訳士の大半は、非常勤職員やボランティアなどで、職業としてはほとんど確立されていないようです。


手話通訳士の活躍の場は、行政機関・団体・企業や病院や役所など、聴覚障害者が存在する場所になりますが、中には手話講習会の講師として活動したりしている人もいます。



手話通訳士資格取得試験の概要

試験時期 9月下旬(1次) 11月下旬(2次)
取得期間 3年以上
受験料 18,000円
試験場所 1次:東京、大阪、熊本
2次:東京、大阪
受験資格 20歳以上の者
合格率 10%



資格取得のための通信講座

自分に合わない通信講座を受講して時間・努力・お金をムダにしない為にも、まずは無料で資料請求して、講座内容やサポート等が自分に合っているか確かめておきましょう。

生涯学習のユーキャン
TVコマーシャルでおなじみのユーキャンの通信講座です。分かりやすい教材と懇切丁寧な指導で、トータル120以上の講座を取り扱っています。

ケイコとマナブ.net
ペン字からMBAまであらゆるジャンルの通信講座を扱っています。通信講座の種類ごとに料金や期間の比較もでき、気になる講座は一括して無料資料請求できます。

★資格・技能・趣味…通信講座なら実績No1のがくぶん
各種資格試験から副収入、教養、趣味、自己啓発など、様々な分野の通信講座を取り揃えてます。


あなたの年収は適正額ですか?

驚く事に、約80%以上の人の年収は年収査定プログラムで出された年収より、約100万円も低いという結果が出ています。あなたの適正年収を無料査定で確認してみませんか?

あなたの市場価値を無料で査定!リクルートエージェントのキャリア査定
リクルートのもつ莫大な情報をもとに、あなたの業界・職種の転職市場動向、年収相場、おすすめキャリアプラン等を無料で知る事が出来ます。


<< 前の記事 『助産師』

ホームへ戻る



▼ その他の 『医療・福祉の資格試験』 の記事一覧


歯科技工士

歯科衛生士

歯科助手

歯科医師

義肢装具士

はり師

きゅう師

柔道整復師

あん摩マッサージ指圧師

救急救命士

臨床工学技士

診療放射線技師

臨床検査技師

細胞検査士

視能訓練士

言語聴覚士

音楽療法士

理学療法士

作業療法士

介護福祉士

社会福祉士

精神保健福祉士

介護支援専門員(ケアマネジャー)

ホームヘルパー

福祉レクリエーションワーカー

臨床心理士

福祉住環境コーディネーター

看護師

准看護師

薬剤師

保健師

助産師

手話通訳士

サイト内検索
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2 Br@ve.