資格試験・資格取得情報館 > 英語・留学関連の資格 > 通訳案内業(通訳案内士・通訳ガイド)

通訳案内業(通訳案内士・通訳ガイド)

スポンサード リンク
通訳案内業(通訳案内士・通訳ガイド)とは、来日した外国人を日本の主な観光地などへ案内し、日本の文化や伝統等を外国語を使って案内する仕事です。


通訳案内業の仕事内容は、観光地の案内だけではなく、旅行スケジュールや、宿泊先、荷物の管理、買い物のアドバイスといった業務もかなりの割合を占めています。


交通渋滞、迷子、忘れ物など、旅行で起こりうるトラブルにも慌てずに対処できる能力が求められます。


また、観光案内だけではなく、政府や企業が招いた、外国人のエスコートも通訳ガイドの重要な仕事のひとつとなっています。


通訳案内業試験では、語学力に加えて日本文化や日本の歴史、その他一般常識なども問われます。


通訳案内業試験科目は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ロシア語、朝鮮語、ポルトガル語のなかから一科目を選択して受験します。


通訳案内業の試験科目は、下記のようになっています。

1次試験・・・外国語の筆記試験、日本地理、日本歴史、産業、経済、政治及び文化に関する一般常識

2次試験・・・第1次試験で選択した外国語の会話試験、人物考査



通訳案内業試験の受験に年齢や経験などの制限はありませんが、英語の合格率で約6%、全体でも訳7%前後と、かなりの難関取得となっています。


通訳案内業の資格を取得した後は、旅行代理店などに直接営業を行い、仕事を獲得してフリーの通訳ガイドとして働く人が多いようです。


日本を訪れる外国人の増加に伴い、通訳案内業(通訳ガイド)の需要も増しており、活躍の場は多いでしょう。



通訳案内業(通訳案内士・通訳ガイド)試験の概要

試験時期 1次:9月 2次:11月(英語の場合)
取得期間 本人の努力次第(目安として約1年以上)
受験料 8,100円
試験場所 1次試験・・・札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、京都府、広島市、福岡市、那覇市

2次試験・・・東京都、京都府、福岡市、英語以外は東京都
受験資格 1級・・・2級合格者
2級・・・制限なし
合格率 英語・・・6%



資格取得のための通信講座

自分に合わない通信講座を受講して時間・努力・お金をムダにしない為にも、まずは無料で資料請求して、講座内容やサポート等が自分に合っているか確かめておきましょう。

生涯学習のユーキャン
TVコマーシャルでおなじみのユーキャンの通信講座です。分かりやすい教材と懇切丁寧な指導で、トータル120以上の講座を取り扱っています。

ケイコとマナブ.net
ペン字からMBAまであらゆるジャンルの通信講座を扱っています。通信講座の種類ごとに料金や期間の比較もでき、気になる講座は一括して無料資料請求できます。

★資格・技能・趣味…通信講座なら実績No1のがくぶん
各種資格試験から副収入、教養、趣味、自己啓発など、様々な分野の通信講座を取り揃えてます。


あなたの年収は適正額ですか?

驚く事に、約80%以上の人の年収は年収査定プログラムで出された年収より、約100万円も低いという結果が出ています。あなたの適正年収を無料査定で確認してみませんか?

あなたの市場価値を無料で査定!リクルートエージェントのキャリア査定
リクルートのもつ莫大な情報をもとに、あなたの業界・職種の転職市場動向、年収相場、おすすめキャリアプラン等を無料で知る事が出来ます。


<< 前の記事 『通訳技能検定』

>> 次の記事 『知的財産翻訳検定』

ホームへ戻る



▼ その他の 『英語・留学関連の資格』 の記事一覧


TOEICテスト

TOEIC Bridge

TOPEC

実用英語技能検定(英検)

オーラルコミュニケーション検定(SITE)

ケンブリッジ大学英語検定試験

旅行業英語検定

観光英語検定試験

国際連合公用語英語検定試験

通訳技能検定

通訳案内業(通訳案内士・通訳ガイド)

知的財産翻訳検定

グレッグ英文速記公式検定

工業英語能力検定試験(工業英検)

TEP Test(早稲田大学-ミシガン大学テクニカルライティング検定試験)

STEP BULATS

SST(スタンダード・スピーキング・テスト)

JTF〈ほんやく検定〉

サイト内検索
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2 Br@ve.