資格試験・資格取得情報館 > 英語・留学関連の資格 > 知的財産翻訳検定

知的財産翻訳検定

スポンサード リンク
知的財産翻訳検定とは、日本企業が海外に特許出願を行う際に必要となる、特許明細書の翻訳能力を判定する為の、公的検定試験です。


特許明細書の翻訳には、通常の技術翻訳力の他にも、特許特有のものの考え方や、国際的な専門知識の習得が求められ、高度な知識が必要とされます。


知的財産翻訳検定には、日本企業が欧米や中国などの海外で特許を申請する際に、誤訳などの不備で権利が守られないといった事態を防ぐため、優秀や翻訳家を育成する目的があるわけです。


日本語から英語への知財翻訳能力については、技術理解力、翻訳力、特許制度・実務に関する英語知識の3項目が評価されます。


知的財産翻訳検定試験問題は、共通問題と専門技術分野問題((1)電気・電子工学、(2)機械工学、(3)化学のうち1つを選択)の2部構成となっていて、インターネットを利用して自宅で受験するのが特徴です。


また、1級合格者は面接審査を経て認定認定されます。



知的財産翻訳検定試験の概要

試験時期 11月
取得期間 本人の努力次第(目安として約半年以上)
受験料 15,000円
試験場所 インターネットを使い自宅で受験
受験資格 特に無し。誰でも受験可能。
合格率 等級制のため合否判定無し。



資格取得のための通信講座

自分に合わない通信講座を受講して時間・努力・お金をムダにしない為にも、まずは無料で資料請求して、講座内容やサポート等が自分に合っているか確かめておきましょう。

生涯学習のユーキャン
TVコマーシャルでおなじみのユーキャンの通信講座です。分かりやすい教材と懇切丁寧な指導で、トータル120以上の講座を取り扱っています。

ケイコとマナブ.net
ペン字からMBAまであらゆるジャンルの通信講座を扱っています。通信講座の種類ごとに料金や期間の比較もでき、気になる講座は一括して無料資料請求できます。

★資格・技能・趣味…通信講座なら実績No1のがくぶん
各種資格試験から副収入、教養、趣味、自己啓発など、様々な分野の通信講座を取り揃えてます。


あなたの年収は適正額ですか?

驚く事に、約80%以上の人の年収は年収査定プログラムで出された年収より、約100万円も低いという結果が出ています。あなたの適正年収を無料査定で確認してみませんか?

あなたの市場価値を無料で査定!リクルートエージェントのキャリア査定
リクルートのもつ莫大な情報をもとに、あなたの業界・職種の転職市場動向、年収相場、おすすめキャリアプラン等を無料で知る事が出来ます。


<< 前の記事 『通訳案内業(通訳案内士・通訳ガイド)』

>> 次の記事 『グレッグ英文速記公式検定』

ホームへ戻る



▼ その他の 『英語・留学関連の資格』 の記事一覧


TOEICテスト

TOEIC Bridge

TOPEC

実用英語技能検定(英検)

オーラルコミュニケーション検定(SITE)

ケンブリッジ大学英語検定試験

旅行業英語検定

観光英語検定試験

国際連合公用語英語検定試験

通訳技能検定

通訳案内業(通訳案内士・通訳ガイド)

知的財産翻訳検定

グレッグ英文速記公式検定

工業英語能力検定試験(工業英検)

TEP Test(早稲田大学-ミシガン大学テクニカルライティング検定試験)

STEP BULATS

SST(スタンダード・スピーキング・テスト)

JTF〈ほんやく検定〉

サイト内検索
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2 Br@ve.