資格試験・資格取得情報館 > 食品・調理の資格試験 > バーテンダー

バーテンダー

スポンサード リンク
バーテンダーとは、酒場で酒類の調合などをし、接客する仕事です。


バーテンダー(Bartender)という本来の意味は、「酒の見張り番」ですが、別の説として、Bar(酒場)とTender(優しい相談者)を合わせて「バーで優しく接客する人」という意味もあるようです。


バーテンダーはお客に気持ちよく、楽しくお酒を飲んでもらえるよう勤めるのが仕事ですので、お客の興味の無い酒の知識を自慢したり、プライドや技術を押し付けると言うことは、控えたいですよね。


バーテンダーは、カクテル作りのスペシャリストであると同時に、お客の喜びと満足を追求するサービス業のプロでもあることを、忘れないようにしておきたいものです。


バーテンダー資格には3つの段階があり、どれも日本バーテンダー協会の会員出なければ受験することが出来ません。


それぞれの条件は下記のようになっています。


1段階目の、「NBA認定バーテンダー資格証書」は、20歳以上で1年以上の実務経験がある者。

2段階目の、「NBA認定バーテンダー技能検定合格証書」は、実務経験が5年以上で協会在籍が3年以上、年齢23歳以上の者。

そして3段階目の、「IBA認定インターナショナル・バーテンダー資格証書」は、実務経験7年以上で協会在籍が6年以上、2段階目を取得後2年以上経過した満25歳以上の者、となっています。


バーテンダーとして働くには、必ずしもバーテンダーの資格が必要なわけではありませんが、やはり有資格者はお酒と接客のプロとして一目置かれる存在となるでしょう。



バーテンダー資格試験の概要

試験時期 11月
取得期間 6時間
受験料 10,000円
試験場所 認定試験会場
受験資格 協会在籍者。
合格率 90%
公式HP (社)日本バーテンダー協会



資格取得のための通信講座

自分に合わない通信講座を受講して時間・努力・お金をムダにしない為にも、まずは無料で資料請求して、講座内容やサポート等が自分に合っているか確かめておきましょう。

生涯学習のユーキャン
TVコマーシャルでおなじみのユーキャンの通信講座です。分かりやすい教材と懇切丁寧な指導で、トータル120以上の講座を取り扱っています。

ケイコとマナブ.net
ペン字からMBAまであらゆるジャンルの通信講座を扱っています。通信講座の種類ごとに料金や期間の比較もでき、気になる講座は一括して無料資料請求できます。

★資格・技能・趣味…通信講座なら実績No1のがくぶん
各種資格試験から副収入、教養、趣味、自己啓発など、様々な分野の通信講座を取り揃えてます。


あなたの年収は適正額ですか?

驚く事に、約80%以上の人の年収は年収査定プログラムで出された年収より、約100万円も低いという結果が出ています。あなたの適正年収を無料査定で確認してみませんか?

あなたの市場価値を無料で査定!リクルートエージェントのキャリア査定
リクルートのもつ莫大な情報をもとに、あなたの業界・職種の転職市場動向、年収相場、おすすめキャリアプラン等を無料で知る事が出来ます。


<< 前の記事 『焼酎アドバイザー』

>> 次の記事 『ティーインストラクター』

ホームへ戻る



▼ その他の 『食品・調理の資格試験』 の記事一覧


調理師

栄養士

管理栄養士

ふぐ包丁師

フードコーディネーター

製菓衛生師

菓子製造技能士

パン製造技能士

家庭料理技能検定

食品衛生責任者

惣菜管理士

ソムリエ

ワインエキスパート

ビアテイスター

焼酎アドバイザー

バーテンダー

ティーインストラクター

日本茶インストラクター

カフェプランナー

デザートクリエイター

ベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)

チーズプロフェッショナル

サイト内検索
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2 Br@ve.