資格試験・資格取得情報館 > 環境・設備・危険物資格 > ボイラー技士

ボイラー技士

スポンサード リンク
ボイラー技士とは、ボイラーの保守・管理など、安全を保つために必要な業務を行なうために必要な、厚生労働省管轄の国家資格です。


ボイラー技士は、扱えるボイラーの規模によって下記のように特級・1級・2級の3ランクに区分されています。


特級ボイラー技士
・全てのボイラー取扱作業主任者の業務
・全てのボイラー業務の取扱

一級ボイラー技士
・伝熱面積の合計が500u未満のボイラーの取扱作業主任者の業務
・全てのボイラー業務の取扱

二級ボイラー技士
・伝熱面積合計が25u未満のボイラー取扱作業主任者の業務
・全てのボイラー業務の取扱


ボイラーの取扱いの業務につく者は、扱うボイラーの規模によって特級・1級・2級ボイラー技士の資格を有しているものでなければならず、ニーズは高いと言えるでしょう。


空調設備のある場所なら日本全国どこでも活躍でき、肉体的な負担も軽く、書き替えのない終身資格(国家資格)ということもあり、人気のある定番資格といえます。


ボイラー技士取得者は、ビル管理関連会社などボイラーを扱う会社を中心に、就職・転職の際にも強力な武器となるでしょう。



ボイラー技士資格試験の概要

試験時期 2級は毎月、1級は年10回、特級は年1回
取得期間 3ヶ月〜
受験料 8300円(2級)
試験場所 各都道府県認定試験会場
受験資格 各級により異なる

2級の場合、大学、高等専門学校、高校などでボイラーに関する学科を修め3ヵ月以上の実地修習を修了した者、もしくは6ヵ月以上の実技講習の修了者
合格率
公式HP 日本ボイラ協会



資格取得のための通信講座

自分に合わない通信講座を受講して時間・努力・お金をムダにしない為にも、まずは無料で資料請求して、講座内容やサポート等が自分に合っているか確かめておきましょう。

生涯学習のユーキャン
TVコマーシャルでおなじみのユーキャンの通信講座です。分かりやすい教材と懇切丁寧な指導で、トータル120以上の講座を取り扱っています。

ケイコとマナブ.net
ペン字からMBAまであらゆるジャンルの通信講座を扱っています。通信講座の種類ごとに料金や期間の比較もでき、気になる講座は一括して無料資料請求できます。

★資格・技能・趣味…通信講座なら実績No1のがくぶん
各種資格試験から副収入、教養、趣味、自己啓発など、様々な分野の通信講座を取り揃えてます。


あなたの年収は適正額ですか?

驚く事に、約80%以上の人の年収は年収査定プログラムで出された年収より、約100万円も低いという結果が出ています。あなたの適正年収を無料査定で確認してみませんか?

あなたの市場価値を無料で査定!リクルートエージェントのキャリア査定
リクルートのもつ莫大な情報をもとに、あなたの業界・職種の転職市場動向、年収相場、おすすめキャリアプラン等を無料で知る事が出来ます。


<< 前の記事 『ボイラー取扱技能講習』

>> 次の記事 『ガス主任技術者』

ホームへ戻る



▼ その他の 『環境・設備・危険物資格』 の記事一覧


危険物取扱者

高圧ガス製造保安責任者

液化石油ガス設備士

ボイラー取扱技能講習

ボイラー技士

ガス主任技術者

火薬類保安責任者

公害防止管理者

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者

ガス溶接技能者

環境計量士

臭気判定士

第一種・第二種衛生管理者

サイト内検索
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2 Br@ve.