資格試験・資格取得情報館 > 電気・通信の資格試験 > 無線従事者

無線従事者

スポンサード リンク
無線従事者とは、電波の送受信等、無線設備の操作を行うために必要となる、(財)日本無線協会が実施する国家資格です。



無線従事者資格は「総合」、「海上」、「航空」、「陸上」、「アマチュア」の5分野に分類され、さらに分野ごとに細かく種類が分かれています。


それぞれの無線従事者資格で、無線設備の規模、設置場所、利用領域、回線の種類などが異なり、扱える範囲も決まってきます。


無線従事者資格を取得の際は、航空機のパイロットであれば「航空無線通信士」、漁船乗組員であれば「第四級海上無線通信士」など、目的にあった資格を受験しないとあまり意味がないと言えるでしょう。


無線従事者資格に受験資格はなく、学歴・年齢・性別・国籍などにかかわらず、誰でも受験することができます。


最難関といわれている、「第一級総合無線通信士」の合格率は9%前後と、かなりのハードルになっています。



無線従事者資格試験の概要

試験時期 年2〜3回
取得期間 資格により異なる
受験料 5030円〜1万8880円(資格により異なる)
試験場所 認定試験会場
受験資格 制限無し
合格率
HP 財団法人 日本無線協会



資格取得のための通信講座

自分に合わない通信講座を受講して時間・努力・お金をムダにしない為にも、まずは無料で資料請求して、講座内容やサポート等が自分に合っているか確かめておきましょう。

生涯学習のユーキャン
TVコマーシャルでおなじみのユーキャンの通信講座です。分かりやすい教材と懇切丁寧な指導で、トータル120以上の講座を取り扱っています。

ケイコとマナブ.net
ペン字からMBAまであらゆるジャンルの通信講座を扱っています。通信講座の種類ごとに料金や期間の比較もでき、気になる講座は一括して無料資料請求できます。

★資格・技能・趣味…通信講座なら実績No1のがくぶん
各種資格試験から副収入、教養、趣味、自己啓発など、様々な分野の通信講座を取り揃えてます。


あなたの年収は適正額ですか?

驚く事に、約80%以上の人の年収は年収査定プログラムで出された年収より、約100万円も低いという結果が出ています。あなたの適正年収を無料査定で確認してみませんか?

あなたの市場価値を無料で査定!リクルートエージェントのキャリア査定
リクルートのもつ莫大な情報をもとに、あなたの業界・職種の転職市場動向、年収相場、おすすめキャリアプラン等を無料で知る事が出来ます。


<< 前の記事 『ディジタル技術検定』

ホームへ戻る



▼ その他の 『電気・通信の資格試験』 の記事一覧


電気主任技術者

電気工事士

電気工事施工管理技士

電気通信主任技術者

ディジタル技術検定

無線従事者

サイト内検索
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2 Br@ve.